絵っちゃん本舗ブログ

油絵を身近なものにしてもらうべく簡単・便利なペーパーパレットのケースを販売してます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャンバス張り

 <3月7日>/

 昨日画材屋で12号から20号の木枠4セットを買って来た。
IMGP3423.jpg

 今日はキャンバスの張替えをしたくても、よく判らない方へのアドバイスにと思います。

◎ 材 料 
 
 ・木 枠

 ・キャンバス地(ロール物または、号数サイズに裁断された切り売りの物,半端物)

 ・釘(キャンバス張り専用で鉄製とステンレス製があるが、ステンレス製をお奨めします)

◎ 道 具 
 
 ・キャンバス張り器

 ・カナヅチ

 ・マイナスドライバー(打ち損じた釘の釘抜きの代わりに使用)

IMGP3430.jpg
左側がロールキャンバス右側は以前張り替えた時に余った半端物(今回F15号に短辺の方向でギリギリに使用できた)

◎木枠の組み立て
 
 ・10号から60号位までは5~6本の部品からなりたっている

 ・長手の両側を中骨でH型に組み付けてから反対側の両側の部品組み付けるのが簡単。
IMGP3437.jpg

 ※ 組み立てる時の注意点
 
 ・キャンバスを張る側は内側が勾配になり凹んでいるので確認すること。

 ・組み立て終わったら対角の距離が同寸法になるように、寸法の長い方向を軽く押して調整して真四角にする。
IMGP3427.jpg


◎キャンバスの布地の確認
 
 ・キャンバスの裏地に木枠を乗せて木枠の厚みプラス3~5mm位のゆとりがあれば張るときに楽である。

 ・寸法が決まればハサミで裁断

◎木枠にキャンバス布地を張る

 ・キャンバスの布地の裏側に木枠を乗せる(号数の文字が見える側が見える状態で)

 ※反対に張ったりすると最初から張りなおしになるので要注意です 

 ・木枠の周りから折り返しの距離が均等になっている事を確認。

 ・短辺の中央に釘を打って固定。

 ・反対側の釘を打つ時にキャンバス張り器で端を掴み強く引き釘を打って固定。
 
 ・次に長編側の中央の布地の端を張り機で強く張るように引き釘を打って固定

 ・もう反対側も同じように引っ張って釘を打って固定。(この状態でオモテから見ると張った布地の中央は平行四辺形の皺が出来る)
IMGP3433.jpg

 ・この後は順に最初の釘の両側に5~6cmの間隔に張り器で引っ張りながら釘を打ち・反対側も同じ様に繰り返し行う。 
 ・短辺が終わったら、長辺を、繰り返して固定(釘を打つ時に波打ったり皺にならないように注意のこと)
IMGP3435.jpg

 ・最後のコーナーの部分は折り込んで釘を打って完了(手のひらで太鼓の音のポンポンという感じになれば完成です
IMGP3442.jpg

 以前張り替えたF50号と昨日の計4枚をジェッソを塗って完了。

 今日F12号を早速教室で描きました。

 ニュウキャンは描いてて気持ちいいですね。"^_^"
 

 慣れるとキャンバス張りが楽しくなりますよ。 
  



商品情報はコチラ ⇒ 絵っちゃん本舗HP

 
ポチっと押していただけると 絵っちゃん が喜びます(^-^)

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 講座 | 01:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。